MEMORIAL

外観完成予想CG

FOREVER CENTER

街にずっと愛されてきた中心の地に、
これからずっと愛される住まいを。

現地周辺航空写真

湘南文化を牽引し続ける
中枢都市・藤沢、その中心に住まう。

文人や財界人たちに愛されてきた鵠沼の風情。
多彩な商業施設が集積する駅南口の華やぎ。境川や奥田公園が育む豊かな自然と開放感。
新しさも湘南らしさも、洗練も情緒も、都市の薫りも自然の息遣いも
湘南文化を牽引し続ける“藤沢らしさ”、そのすべてが重なり合う場所を見つけました。

image
image
  • 〜1950s
    湘南を代表する街へ

    古く江戸時代より多くの浮世絵に描かれ、明治以降は文人や財界人たちにも愛された藤沢。やがて交通の要衝として都市機能性を高め、湘南文化を牽引する街へと発展していきました。

  • 1960s
    湘南の中枢都市へ

    高度成長期の真っただ中、1960年代。藤沢駅南口には次々とデパートや大型商業施設が集積。地元の商店の活気と共存しながら、一大ショッピングエリアを形成していきます。

  • 1970s
    東急ハンズ一号店オープン

    藤沢内外から大きな注目を集めた東急ハンズ一号店オープン。駅南口の都会的な華やぎと、古き良き鵠沼の風情が重なりあうその場所は、藤沢文化の中心地としての歩みを始めました。

  • 1980s〜
    藤沢文化の発信拠点

    1982年、東急プラザが開業。そこは多彩な文化を感じられるトレンドの発信拠点に。周辺にも商業施設や文化施設などが集積し、多くの藤沢人に愛される“特別の”場所となりました。

<旧東急プラザ南館跡地マンションプロジェクト>

1976年11月、国内初となる本格DIYショップ「東急ハンズ」藤沢店がオープン。アメリカへの憧れが強かった時代、かの地の文化を色濃く感じる場所として、流行に敏感な人々を惹きつけました。
1982年、そこは多様な店舗が集積する「東急プラザ」へ。地下の飲食店街は街の人々のちょっと特別な日のお出かけ先となりました。
さらに1994年にはプラザ内にCDショップ「タハラ」がオープン。その豊富かつディープな品揃えは藤沢内外の注目を集めました。 この場所はずっと、藤沢を愛する人の誇りとして、時と記憶を積み重ねてきました。周辺にも多彩な店舗や豊かな自然も広がり、今思い浮かぶ“藤沢らしさ”を凝縮したようなシーンが、この地で育まれました。

出展:パシフィックエコサービス

2006

2006年、東急プラザはその歴史の幕を閉じ、藤沢プラザとしての歩みを始めました。そしてその周辺には、広大な公園、大型スーパー、多彩な利便施設や公共機関など、豊かな生活拠点を予感させる環境が整っていました。

藤沢プラザ本館
藤沢プラザ本館
(徒歩1分/約80m)
イトーヨーカドー 藤沢店
イトーヨーカドー 藤沢店
(徒歩1分/約60m)
奥田公園
奥田公園
(徒歩1分/約80m)
藤沢市民会館
藤沢市民会館
(徒歩3分/約200m)

藤沢文化の中心地、
そこに息づく暮らしの資質。

高低差概念図
高低差概念図

藤沢文化の中心地として発展を続けたこの地に、
今、また新たな魅力が描き加えられます。
それは、駅南口の華やぎと利便を手中にしながら、
江の島や海へとつながる空の開放感も享受する日常。
藤沢文化や藤沢らしさと、いつも心地よくつながりながら
人生を送るというライフスタイル。
藤沢らしさの真ん中、特等席のようなレジデンスが育む、
新たな藤沢の暮らしに、ご期待ください。

外観完成予想CG
外観完成予想CG